人気ブログランキング | 話題のタグを見る

inax cafe inagaki.exblog.jp

覺書

最近人に貸してとても好評を得た『PS 羅生門』に就てめも。もう10年近く前の作品になるのか。

此の漫畫の良いところは、善惡と正不正をきつちり区別してゐるところ。法を犯した犯罪者が必ずしも道德的な惡人では無いと言ふ事。

殘念ながら此の世の中には、道徳的には善人であるにも關はらず、罪を犯して仕舞はざるを得なくなつたりする人が尠なからずゐる。「罪は罪!」と糾彈する事は簡單だけど、人間の心は其程簡單なものではない。警察官と雖も人間である以上、道德と法律の間で惱み、葛藤してもをかしくない。然うした犯罪者のみならず其れを取り卷く人々の心理がとても丁寧に描かれてゐて、其處が讀む人の魂を搖さ振るのだと思ふ。


# by inagakit | 2014-03-09 00:57 | 漫畫關係

備忘録

最近のお氣に入りは宇仁田ゆみと勝田文。繪が好み。と云ふか、本當に買ひ揃へてゐるの少女漫畫と云ふか女性向け漫畫ばかりだな。

『ゼッタイドンカン』(宇仁田ゆみ、白泉社)
タイトル通りゆるい戀物語。有り得ない設定と思ひつつもふわふわした空氣感が良い。
『ノミノ』(宇仁田ゆみ、白泉社)
タイトルになつた作品の他短篇2作品。矢張りゆるい。だが其れが良い。
『酒ラボ』(宇仁田ゆみ、講談社)
農學部の學園物語。やつぱりゆるい。最後は尻切れ蜻蛉感がある。それにしても冴えない主人公ばつかだな。
『プピポ~』(押切蓮介、フレックスコミックス)
お化けの話。救ひがある樣な悲しい樣な結末。TVアニメ化されてゐるらしい。
愛蔵版『あのこにもらった音楽』(勝田文、白泉社)
勝田文もゆるい戀物語を描く作家さん。基本的に男はダメ男。此は、旅館の息子(ピアニスト?)と年下の幼馴染みの話。凄く面白いとか、心を震はされるとかはないけど、雰圍氣を味はふ系。
『かわたれの街』(勝田文、白泉社)
豆腐屋の娘と料理教室の先生の話。因みに、戀は成就しない。
『ウランバナ』(勝田文、集英社)
表題作他2作品。短篇集的な。インドの王子樣に戀をする少女の話。インパクト勝負だけど、矢張りゆるい。王子が格好良い。
『Daddy Long Legs』(勝田文、集英社)
短篇4作品。表題作は所謂「あしながおじさん」の舞臺を日本に置き換へたお話。一寸古風な時代にぴつたりの繪柄にストーリーが上手く合つてゐて良い作品。勝田文を集めようと思ひ立つた切缺は此の作品だつたりする。どうでも良いが。
『ちくたくぼんぼん』第一巻~第三卷(完)(勝田文、集英社)
第一巻には何故か短篇1作品が収録されてゐる。まあ、繪と時代の勝利と云ふか。
『マイガール』第一巻~第五卷(完)(佐原ミズ、新潮社)
こんな家族もコハルみたいな良い子も有り得ないと思ふんだけど良い話。結構行間と云ふか、色々と端折られるので、もう少し丁寧に描いて呉れると尚良かつたと思ふ。何だかんだ言つて子供が好き。
『敷居の住人』(志村貴子、エンターブレイン)
1巻と6巻を買つて以来數年間――恐らく5年以上放置してゐたけど、漸くコンプリート。其れにしても嘔く話である。作中人物の誰にも感情移入が出來ない、と云ふ珍しい作品。

# by inagakit | 2014-02-24 00:24 | 漫畫關係

覺書

物は試しに、所有してゐる漫畫をリストにして見たら、鋭意蒐集中の物も含めて140タイトル554冊ある事が明らかとなつた。


# by inagakit | 2014-02-23 23:26 | 漫畫關係

今年購入した漫畫総括

一年前の事等忘却の彼方であるけれども。取敢へず思ひ附く儘箇条書きで記して見る。

『リューシカ・リューシカ』第一巻~第七卷(安倍吉俊、スクウェア・エニックス)
子供目線の漫畫。まあまあ。個人的には筆者の絵柄が好き。
『テルマエ・ロマエ』第一巻~第五卷(完)(ヤマザキマリ、エンターブレイン)
風呂漫畫。まあまあ。ラストは微妙。人に貸す用に購入。
『聖☆おにいさん』第一巻~第九卷(中村光、講談社)
此方も人に貸す用として購入。昔書いた氣もするけどインパクト漫畫。ネタ元を知つてゐるとくすくす笑える。
『BUTTER』第二巻~第六卷(完)(ヤマシタトモコ、講談社)
今年揃えたシリーズでは一番面白かつた。高校生社交ダンス漫畫。色々と綺麗な青春を味はえる。が、人間つてそんな綺麗なもんぢやないと思へたり。自分の荒んだ心に氣附かされて落ち込む。
『つなぐと星座になるように』第五卷(雁須磨子、講談社)
ぢりぢりと進展してゐる。帯にある、しょせんこの世は惚れたが負けだと云ふ言葉が全てを表はしてゐる。戀をしてゐる人に理性を説いても意味がないと云ふ事。色々思ふ處はあるけれども、成行を見守るしかないと云ふか何と云ふか。まあ、何にしてものめり込めるものがあると云ふのは羨ましかつたり。
『青い花』第八巻(完)(志村貴子、太田出版)
青い花も此れで完結。まあ綺麗にまとめたかと。志村貴子は戀も愛も綺麗な部分ばかりぢやないと云ふ事をきつちり書いて呉れる。
『イエスタデイをうたって』第九卷(冬目景、集英社)
今更だけど、登場人物より年上になつて大分經つ事に氣附いた。進展の遅い漫畫では有り勝ちな事だけども。焦れつたいものの進んではゐる。とは云へ、半分惰性で購入する漫畫になりつつある。
『ニート女と小学2年生』(志水アキ、メディアファクトリー)
短篇集。古本屋で100円で購入。雰圍氣が良い。人間關係に一喜一憂する思春期の女の子を書くのがとても上手。な氣がする。

因みに、漫畫は購入してゐないけれども、今年存在を知り、最も衝撃を受けた漫畫家は押切蓮介。友人に借りた『ハイスコアガール』(スクウェア・エニックス)が面白かつたので、其の勢ひで古本屋に竝んでゐた『ミスミソウ 完全版』上・下巻(双葉社)を讀み、餘りの救ひの無さに愕然とした。數日間鬱ぎ込む位の暗さ。『ハイスコアガール』は格ゲー戀愛漫畫なので、ゲーマーでなくとも多少當時の空氣感を知つてゐると懐かしさと共に樂しめる漫畫。女の子の絵柄は基本的に同じ。個人的には好きだけど、好みが分かれる絵。

ここ数年、割と少女漫畫と云ふか女性向け漫畫の購入比率が増えて來てゐる。


# by inagakit | 2013-12-23 22:41 | 漫畫關係

最近買つた漫畫寸評

6~7月は何故か漫畫購入強化月間となつて仕舞つた。

『ラブフロムボーイ』第一卷(イシデ電、朝日新聞出版)
良い作品。生きてゐると良い事よりも寧ろ惡い目に遭ふ方が多いかもしれないけど、其れでも生を授かつた以上精一杯生きて行くのだと云ふ事を考えさせられる。
『HER 』(ヤマシタ トモコ、祥伝社)
テンポが速い。
『ドントクライ、ガール』(ヤマシタ トモコ、リブレ出版)
多分馬鹿漫畫。とても面白い。
『いちごが好きでもあかならとまれ。』(雁須磨子、幻冬舎)
ボーイズラヴ。かといつてエロ漫畫でもなく。淡々と流れていく空氣感が良い。
『つなぐと星座になるように』第一卷~第三卷(雁須磨子、講談社)
少女漫畫。といつても大人向けか。女同士の會話が素敵。男性には理解し難いが。
『いばら・ら・ららばい』(雁須磨子、講談社)
先の2作品も然うだけど、雁須磨子は微妙な空氣感を表現するのがとても上手。雰圍氣を味はふ漫畫家だと思ふ。
『イエスタデイをうたって』第八卷(冬目景、集英社)
じりじりと前身してゐる。新キャラが出だすと色々と怪しくなるのが常だが果たして。
『青い花』第七卷(志村貴子、太田出版)
何となく。途中で投げるのも嫌なので惰性で買つてゐる。あーちやんとふみちやんの出番が少なめ。
『ちょっと不思議な小宇宙』(小田扉、双葉社)
小田扉らしい少し不思議な空氣を樂しめる。小田扉は伏線をきつちりと回收して呉れるのが良い。

# by inagakit | 2012-07-26 00:24 | 漫畫關係